コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭王武 わおう ぶ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倭王武 わおう-ぶ

?-? 5世紀後半,倭の五王の最後の王。
倭王興(こう)の弟。「(そう)書」倭国伝によると,興の死後王となり,宋の昇明2年(478)中国南朝の宋に上表文をおくり,使持節(しじせつ),都督(ととく)倭・新羅(しらぎ)・任那(みまな)・加羅(から)・秦韓(しんかん)・慕韓(ぼかん)六国諸軍事,安東大将軍,倭国王の称号をみとめられた。雄略天皇に比定する説が有力。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

倭王武

生年:生没年不詳
『宋書』にみえる5世紀後半の倭王。倭王済の子で倭王興の弟。は雄略天皇の諱の大泊瀬幼武を1字で表記したもので,雄略天皇に比定される。昇明1(477)年に宋に使者を送り,倭と朝鮮半島南部の軍事的支配権を表す「使持節,都督倭・百済・新羅・任那・加羅・秦韓・慕韓七国諸軍事,安東大将軍,倭国王」の称号を要請した。翌年,再び使を送り,称号の正当性を示す「上表文」を提出し,百済を除く称号を認められた。武は公認された将軍号に依拠して臣下に称号を仮授する権限を有し,列島各地の首長との貢納・奉仕関係を中国風の府官制的秩序に編成していったとみられる。<参考文献>佐伯有清『古代を考える 雄略天皇とその時代』

(平野卓治)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の倭王武の言及

【雄略天皇】より

… 記紀のほか,埼玉県の稲荷山古墳出土の鉄剣銘に,〈獲加多支鹵(わかたける)大王〉とあり,熊本県の江田船山古墳出土の太刀銘に,〈獲□□□鹵大王〉とあるのも,ともに雄略天皇をさすであろう。また《宋書》夷蛮伝にみえる倭の五王のうち,最後の倭王武は雄略と考えられる。武は478年,宋に上表し,〈東は毛人〉〈西は衆夷〉〈渡りて海北〉を平定したとのべ,実際に朝鮮半島南部を含む〈六国諸軍事〉の将軍号を称し,安東将軍より安東大将軍に進められ,その後479年鎮東大将軍,502年征東将軍に進められている。…

※「倭王武」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

倭王武の関連キーワード獲加多支鹵大王大和朝廷佐伯有清倭の五王薄葬

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android