玄賓僧都(読み)げんぴんそうず

  • げんぴんそうず ‥ソウヅ

大辞林 第三版の解説

その姿が玄賓の隠遁姿に似るからとも、玄賓の創案によるからともいう
「案山子かかし」のこと。玄賓。 いい実のり-首ばかり/柳多留 82

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 案山子(かかし)をいう。案山子は僧玄賓の案出によるとも、粗衣をまとった姿が隠棲、放浪した玄賓に似るからともいわれ、また「続古今集‐一六〇八」に「山田守る僧都の身こそあはれなれ秋果てぬれば問ふ人もなし〈僧都玄賓〉」とあるのによるともいう。げんぴん。
※雑俳・柳多留‐一八(1783)「けんひん僧都なけなしを引剥がれ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android