案出(読み)アンシュツ

デジタル大辞泉の解説

あん‐しゅつ【案出】

[名](スル)工夫して考え出すこと。発案。「新しい技法を案出する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あんしゅつ【案出】

( 名 ) スル
工夫して考え出すこと。 「新しい方法を-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あんじ‐いだ・す【案出】

〘他サ四〙 思いをめぐらして、計画・くふうを思いつく。くふうして考え出す。案出する。案じだす。案じいず。
太平記(14C後)二「師直如何せんと歎きけるが、すべき様有りと案(アンジ)出して」

あんじ‐だ・す【案出】

〘他サ五(四)〙 =あんじいだす(案出)
史記抄(1477)三「厲王の気もちたてて案したいて、使婦人裸而譟之と云は、つびをだいて讙呼させたぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

案出の関連情報