コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かかし

3件 の用語解説(かかしの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

かかし

けん玉の技のひとつ。指先にけん先を立てて、中皿の上に乗せた玉が落ちないようにバランスをとる。

かかし

株式会社ピァーサーティーが展開する和食店のチェーン

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かかし
かかし

案山子と書く。農作物の鳥獣害を避ける手段で、およそ3種に分けられる。(1)田に注連(しめ)をはり、竹や藁(わら)で人形をつくり、蓑笠(みのかさ)を着せ弓を持たせて田畑に立て、鳥獣の害を防ぐもの。「しめ」、「そめ」などともいう。(2)かがし(嗅(か)がし)とよばれ、悪臭を放つものを串(くし)に刺して鳥獣を追い払うもの。(3)「おどし」という、音をたてて鳥獣を脅す鳴子(なるこ)もかかしの一つといえる。これらの3種は、地方によって名称や内容がさまざまに混用されている。長野県ではカガシアゲとかソメノトシトリとかいって、旧暦10月10日にかかしを田からもってきて庭先に立てて祭る風がある。餅(もち)を搗(つ)いて、長い大根を案山子様の箸(はし)といってこれに添えてかかしに供える所もある。かかしを田の神の代表としているのである。[大藤時彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かかしの関連キーワード藍屋いけすカボチャ食堂がんこさくら亭膳やpia Sapidoピア・ジョリーボチャカ和食 えん

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

かかしの関連情報