かかし

デジタル大辞泉プラスの解説

かかし

けん玉の技のひとつ。指先にけん先を立てて、中皿の上に乗せた玉が落ちないようにバランスをとる。

かかし

株式会社ピアーサーティーが展開する和食店のチェーン。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かかし
かかし

案山子と書く。農作物の鳥獣害を避ける手段で、およそ3種に分けられる。(1)田に注連(しめ)をはり、竹や藁(わら)で人形をつくり、蓑笠(みのかさ)を着せ弓を持たせて田畑に立て、鳥獣の害を防ぐもの。「しめ」、「そめ」などともいう。(2)かがし(嗅(か)がし)とよばれ、悪臭を放つものを串(くし)に刺して鳥獣を追い払うもの。(3)「おどし」という、音をたてて鳥獣を脅す鳴子(なるこ)もかかしの一つといえる。これらの3種は、地方によって名称や内容がさまざまに混用されている。長野県ではカガシアゲとかソメノトシトリとかいって、旧暦10月10日にかかしを田からもってきて庭先に立てて祭る風がある。餅(もち)を搗(つ)いて、長い大根を案山子様の箸(はし)といってこれに添えてかかしに供える所もある。かかしを田の神の代表としているのである。[大藤時彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

かかしの関連情報