コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉山書院 ぎょくさんしょいんOksan-Sǒwǒn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉山書院
ぎょくさんしょいん
Oksan-Sǒwǒn

韓国,慶尚北道慶州郡安康邑玉山里にある,朝鮮王朝時代の大学者の晦斉李彦迪 (1491~1553) を奉祀する書院宣祖5 (1572) 年建立。儒学研究の「」と儒賢配亨の「祠」の機能をあわせもち,進入部,講堂部,祠堂 (廟) 部,付属舎の4つの部分から構成されている。進入部に位置する無邊楼の下を通って入ると,大きな 12m× 18mの中庭があり,これを取囲む講堂部が書院の中心である。中庭の両側に斎の縁側,前後に門楼と講堂の板の間 (マル) などがあり,開放的な造りとなっている。全部で 17棟の建物から成るが,主要建物が進入部から,講堂部,祠堂部の順で一本の軸線上に配置される全体の構成が特徴。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android