コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣祖 せんそ Sǒnjo

2件 の用語解説(宣祖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宣祖
せんそ
Sǒnjo

[生]明宗7(1552)
[没]宣祖41(1608)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の第 14代の王 (在位 1567~1608) 。幼名は釣 (きん) 。諱はえん。諡は昭敬。徳興大院君の第3子。伯父の第 13代明宗に子がなかったので遺言により王位についた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

せんそ【宣祖 Sŏn‐jo】

1552‐1608
朝鮮,李朝第14代の王。在位1567‐1608年。名は昖。初名は鈞。徳興大院君の第3子で,河城君に封ぜられたが,明宗に後嗣がなく即位した。王は李滉(退渓),柳希春,趙穆,李珥(栗谷)等の人材を登用,ともに講学に励み,《儒先録》《三綱行実》等多くの書物を編纂刊行して儒学の発展に寄与した。また,趙光祖等に贈職して士林の冤を伸べたが,廷臣間の抗争は形を変え,金孝元,沈義謙をおのおの中心とした東人と西人の党争が起こり,東人はさらに南人と北人に分かれて争った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宣祖の関連キーワード燕山君訓民正音光海君大院君李朝ハムラビフィロズシャー正祖純宗哲宗

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宣祖の関連情報