コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣祖 せんそSǒnjo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宣祖
せんそ
Sǒnjo

[生]明宗7(1552)
[没]宣祖41(1608)
朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の第 14代の王 (在位 1567~1608) 。幼名は釣 (きん) 。諱はえん。諡は昭敬。徳興大院君の第3子。伯父の第 13代明宗に子がなかったので遺言により王位についた。即位の初め,李退渓李栗谷,白仁傑ら多くの人材を登用し,治政に努める一方,『儒先録』『近思録』『心経』などを刊行し,儒学を奨励した。しかし宣祖8 (1575) 年頃から東人,西人に分れ,党争が起った。世子冊封問題で執権した東人は,西人に対する論罪問題でさらに南人と北人に分裂して抗争した。このような党争の渦中で,国政は腐敗,紊乱した。一方,北方からは女真の侵入があり,南方からは倭寇の来侵,続けて同 25年から7年間にわたる壬辰・丁酉の倭乱 (→文禄・慶長の役 ) によって国力はまったく疲弊した。戦乱ののちも,党争は継続し,朝鮮王朝は衰退の方向をたどった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せんそ【宣祖 Sŏn‐jo】

1552‐1608
朝鮮,李朝第14代の王。在位1567‐1608年。名は昖。初名は鈞。徳興大院君の第3子で,河城君に封ぜられたが,明宗に後嗣がなく即位した。王は李滉(退渓),柳希春,趙穆,李珥(栗谷)等の人材を登用,ともに講学に励み,《儒先録》《三綱行実》等多くの書物を編纂刊行して儒学の発展に寄与した。また,趙光祖等に贈職して士林の冤を伸べたが,廷臣間の抗争は形を変え,金孝元,沈義謙をおのおの中心とした東人と西人の党争が起こり,東人はさらに南人と北人に分かれて争った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

宣祖の関連キーワード高麗左衛門(初代)府兵制[朝鮮]華厳寺[朝鮮]坂高麗左衛門衛夫人字玉山書院東医宝鑑脇田直賢金誠一沈惟敬成均館黄允吉懲ひ録大同法東九陵趙光祖金忠善鄭てつ柳成竜柳成龍

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android