コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉形弁 たまがたべんglobe valve

1件 の用語解説(玉形弁の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

玉形弁
たまがたべん
globe valve

止め弁や絞り弁の一種。流入口と流出口とが一直線上に配置されており,外形が球形に近いことから玉形弁と呼ばれる。弁の口径は管の内径にほぼ等しくし,弁を開いているときの流速が管路の流速に等しくなるように弁のリフトをとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の玉形弁の言及

【バルブ】より

…液体や気体を流す配管の中に組み込み,流れを通したり,止めたり,あるいはその量を調節するために用いられる機器。用途,種類などを表すことばと複合して用いるときは,仕切弁,玉形弁などのように弁と呼ばれる。 バルブの内部には,外部から操作できる弁体が組み込まれており,これを弁座に密着させて流れを遮断する。…

※「玉形弁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone