コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕切り弁 しきりべんsluice valve; gate valve

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

仕切り弁
しきりべん
sluice valve; gate valve

流体の流れ方向に直角にが摺動し,流量を加減したり,流体を遮断する方式の弁。止め弁に比して流体が弁を通過する際の方向変化および断面変化が少く,取付け距離が短くてすむので,大容量の蒸気,空気およびガスを扱う場合によく用いられる。2個の弁板がスプリングまたは水平杆で弁座に押しつけられ流れを遮断する方式の平行滑り弁と,一体の楔形から成る弁とそれに適合する弁座をもつ方式の楔形弁とがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しきり‐べん【仕切り弁】

弁の一種。円板状の弁が流体の通路を直角に仕切って開閉を行うもの。弁を開けば流体の流れが一直線状になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

仕切り弁の関連キーワード草竹コンクリート工業玉形弁

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仕切り弁の関連情報