コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉村方久斗 たまむら ほくと

2件 の用語解説(玉村方久斗の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

玉村方久斗

日本画家。京都生。名は善之助、別号に連城・北斗。京美工・京都絵専卒。菊池芳文に師事する。方久斗(ホクト)社主宰。常に日本画における前衛を模索し、また古美術の研究にも傾倒した。著書に『美術誌』等がある。昭和26年(1951)歿、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉村方久斗 たまむら-ほくと

1893-1951 大正-昭和時代の日本画家。
明治26年4月4日生まれ。京都市立絵画専門学校で菊池芳文(ほうぶん)にまなぶ。大正4年院展に初入選するが,のち院展を離脱,11年第一作家同盟(DSD),13年三科造型美術協会の結成に参加。また昭和5年方久斗社を組織するなど前衛美術運動にたずさわった。昭和26年11月8日死去。58歳。京都出身。本名は善之助。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

玉村方久斗の関連キーワード水上泰生森白甫井上石邨岩田正巳沢村康竹岡勝也谷角日娑春田村吉永西春彦諸根樟一

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

玉村方久斗の関連情報