玉水五郎右衛門(読み)たまみず ごろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉水五郎右衛門 たまみず-ごろうえもん

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎の小唄唄方。
鈴虫権左衛門または2代杵屋(きねや)勘五郎の門人とされる。延宝-宝永(1673-1711)のころに江戸で活躍。元禄(げんろく)年間には山村座の立唄(たてうた)をつとめ,三味線方の初代杵屋六三郎とともに人気を博した。別名に吾妻五郎右衛門,鈴虫五郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android