玉水五郎右衛門(読み)たまみず ごろうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

玉水五郎右衛門 たまみず-ごろうえもん

?-? 江戸時代前期-中期の歌舞伎の小唄唄方。
鈴虫権左衛門または2代杵屋(きねや)勘五郎の門人とされる。延宝-宝永(1673-1711)のころに江戸で活躍。元禄(げんろく)年間には山村座の立唄(たてうた)をつとめ,三味線方の初代杵屋六三郎とともに人気を博した。別名に吾妻五郎右衛門,鈴虫五郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android