立唄(読み)たてうた

精選版 日本国語大辞典「立唄」の解説

たて‐うた【立唄】

〘名〙 長唄、芝居囃子などで首席となって他の唄方などをリードする人。また、その方としての格式。たて。
※人情本・契情肝粒志(1825‐27)三「風久が取てた弟子にゃア、突懸(つつかけ)達唄(タテウタ)が出来るから強勢だ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「立唄」の解説

たて‐うた【立唄】

長唄などで、唄方の首席となって他の唄方をリードする人。また、その唄方としての格式。たて。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「立唄」の解説

たてうた【立唄】

邦楽演奏用語。〈タテ〉とは唄,三味線,囃子の第一席に座る者のことをいい,唄の場合,その者を立唄という。主として長唄に用いられる用語であるが,常磐津清元などの浄瑠璃物の場合にも用いることがある。唄,三味線のタテはそれぞれの持ち場の境目に座る。唄の場合は雛壇下手(向かって左側)に並ぶので,そのもっとも右側,の中央に近く立三味線と並んで位置するのが立唄である。立唄は唄の演奏の主役であり,連吟の主導者でもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android