立唄(読み)タテウタ

世界大百科事典 第2版の解説

たてうた【立唄】

邦楽演奏用語。〈タテ〉とは唄,三味線,囃子の第一席に座る者のことをいい,唄の場合,その者を唄という。主として長唄に用いられる用語であるが,常磐津,清元などの浄瑠璃物の場合にも用いることがある。唄,三味線のタテはそれぞれの持ち場の境目に座る。唄の場合は雛壇の下手(向かって左側)に並ぶので,そのもっとも右側,壇の中央に近く立三味線と並んで位置するのが立唄である。立唄は唄の演奏の主役であり,連吟の主導者でもある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たてうた【立唄】

長唄など二人以上の唄方が一緒に歌う場合の、首席の唄方。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報