コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉藻刈る タマモカル

デジタル大辞泉の解説

たまも‐かる【玉藻刈る】

[枕]
藻を刈る情景から、海辺の地名「敏馬(みぬめ)」「処女(をとめ)」「辛荷(からに)」などにかかる。
「―敏馬(みぬめ)を過ぎて夏草の野島の崎に舟近付きぬ」〈・二五〇〉
沖にかかる。
「―沖辺は漕がじ」〈・七二〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

玉藻刈るの関連キーワード潮干狩り手節の崎藤原宇合もかもさね島廻沖辺敏馬鳴門とう

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android