コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玉藻刈る タマモカル

デジタル大辞泉の解説

たまも‐かる【玉藻刈る】

[枕]
藻を刈る情景から、海辺の地名「敏馬(みぬめ)」「処女(をとめ)」「辛荷(からに)」などにかかる。
「―敏馬(みぬめ)を過ぎて夏草の野島の崎に舟近付きぬ」〈・二五〇〉
沖にかかる。
「―沖辺は漕がじ」〈・七二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

玉藻刈るの関連キーワード潮干狩り手節の崎藤原宇合もかもさね鳴門沖辺敏馬島廻とう

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

玉藻刈るの関連情報