コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

夏草 ナツクサ

デジタル大辞泉の解説

なつ‐くさ【夏草】

夏に生い茂る草。 夏》「―や兵(つはもの)どもが夢の跡/芭蕉
[補説]書名別項。→夏草

なつくさ【夏草】[書名]

日本の俳句雑誌。昭和5年(1930)、宮野小提灯らが山口青邨選者に迎えて盛岡で創刊。同人に斎藤夏風、黒田杏子など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なつくさ【夏草】

夏に生い茂る草。 [季] 夏。 《 -や兵共がゆめの跡 /芭蕉 》

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

夏草の関連キーワードウスキサナギタケ(淡黄蛹茸)オサムシタケ(歩行虫茸)玉藻刈る・玉藻苅るサナギタケ(蛹茸)クモタケ(蜘蛛茸)生い茂る・生茂るナム(納木)湖村田 とう女茂る・繁る道教・路導木村 蕪城蝉茸・蟬茸山口 青邨前田 純敬村田とう女清水 大典サナギタケ露分け衣押分ける日照り花

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

夏草の関連情報