王学(読み)オウガク

精選版 日本国語大辞典の解説

おう‐がく ワウ‥【王学】

〘名〙 明代の王陽明の学。陽明学。陸象山の学と合わせて「陸王の学」ともいう。
※集義外書(1709)一「王学の流と申者の中にも御座候体に候」 〔張烈‐王学質疑〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の王学の言及

【陽明学】より

…陽明学という呼称は,日本の明治期に陽明学信奉者である東敬治,吉本譲などが《陽明学》《陽明主義》《陽明》などの機関紙を発行したことに淵源し,普及した。それ以前は,王学,姚江(ようこう)の学(姚江は王守仁の出身地)などと呼称された。 朱子学を基調とした三大全(《性理大全》《四書大全》《五経大全》)が1413年(永楽11)に刊行されたことと,朱子学が科挙に採用されたこととが相まって15世紀は朱子学が学術思想界の主座を占めた。…

※「王学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報