コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集義外書 しゅうぎがいしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集義外書
しゅうぎがいしょ

熊沢蕃山の著。 16宝永6 (1709) 年刊。『集義和書』が原論であるのに対し,その経世治教論を集大成したもの。巻1~3が「削簡」,巻4~10が「脱論」,巻 11が「中庸九経考」,巻 12~14が「窮理」,巻 15が「雅楽解」,巻 16が「水土解」という構成をもっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

集義外書の関連キーワード熊沢蕃山大学或問

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android