コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸象山 りくしょうざんLu Xiang-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸象山
りくしょうざん
Lu Xiang-shan

[生]紹興9(1139).2.24. 江西,金谿
[没]紹煕3(1192).1.10.
中国,南宋の学者。名は九淵。字は子静。応天山に学舎を建ててこの山を象山と名づけたので,象山先生と呼ばれた。朱子の同時代人で,鵝湖 (がこ) 寺で行なった朱子との論争は「鵝湖の会」として有名。彼は,朱子が「格物窮理」を重んじ分析的,知的な学問を唱えたのに対し,直観的悟入を強調した。また朱子が程頤 (ていい) の説を継承して「性即理」を主張したのに対し,彼は「心即理」を説き,天地と心の完全なる融合の境地を提示した。その学風は,程頤よりも程 顥 (ていこう) を継承し,のちに王陽明への道を開くものであった。文章,語録は,『陸象山先生全集』 (36巻) に収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

陸象山【りくしょうざん】

陸九淵

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

陸象山
りくしょうざん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の陸象山の言及

【陸九淵】より

…字は子静。象山(しようざん)先生と呼ばれ,陸象山の称でも知られる。江西省金谿(きんけい)の人。…

※「陸象山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

陸象山の関連キーワード白鹿洞書院2月24日永嘉学派理一元論藤原惺窩知行合一同時代人謝良佐康有為性理学楊慈湖呂祖謙孫奇逢王守仁林羅山陽明学陸王学王夫之程顥厳羽