陸象山(読み)りくしょうざん(英語表記)Lu Xiang-shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陸象山
りくしょうざん
Lu Xiang-shan

[生]紹興9(1139).2.24. 江西,金谿
[没]紹煕3(1192).1.10.
中国,南宋の学者。名は九淵。字は子静。応天山に学舎を建ててこの山を象山と名づけたので,象山先生と呼ばれた。朱子の同時代人で,鵝湖 (がこ) 寺で行なった朱子との論争は「鵝湖の会」として有名。彼は,朱子が「格物窮理」を重んじ分析的,知的な学問を唱えたのに対し,直観的悟入を強調した。また朱子が程頤 (ていい) の説を継承して「性即理」を主張したのに対し,彼は「心即理」を説き,天地と心の完全なる融合の境地を提示した。その学風は,程頤よりも程 顥 (ていこう) を継承し,のちに王陽明への道を開くものであった。文章,語録は,『陸象山先生全集』 (36巻) に収められている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の陸象山の言及

【陸九淵】より

…字は子静。象山(しようざん)先生と呼ばれ,陸象山の称でも知られる。江西省金谿(きんけい)の人。…

※「陸象山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android