王宸(読み)おうしん(英語表記)Wáng Chén

世界大百科事典 第2版の解説

おうしん【王宸 Wáng Chén】

1720‐97
清の乾隆期の文人画家。字は子凝,号は蓬心。江蘇省太倉の人。清朝体制派のひとり王原祁(おうげんき)の曾孫。王原祁の婁東(ろうとう)派の傘下で清朝画院の保守的,臨摹(りんも)的な山水画は婁東派の枯渇した画調の域を出ることなく,ついに独自の画風を打ち立てるに至らなかった。用筆は墨汁を重ね粗荒さが目立つが,晩年はさらに枯れ,画面の構成には遠大さが欠けていた。著に《絵林伐材》10巻がある。【遠藤 光一】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android