コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王宸(読み)おうしん(英語表記)Wáng Chén

世界大百科事典 第2版の解説

おうしん【王宸 Wáng Chén】

1720‐97
清の乾隆期の文人画家。字は子凝,号は蓬心。江蘇省太倉の人。清朝体制派のひとり王原祁(おうげんき)の曾孫。王原祁の婁東(ろうとう)派の傘下で清朝画院の保守的,臨摹(りんも)的な山水画は婁東派の枯渇した画調の域を出ることなく,ついに独自の画風を打ち立てるに至らなかった。用筆は墨汁を重ね粗荒さが目立つが,晩年はさらに枯れ,画面の構成には遠大さが欠けていた。著に《絵林伐材》10巻がある。【遠藤 光一

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android