コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王宸 おうしんWáng Chén

世界大百科事典 第2版の解説

おうしん【王宸 Wáng Chén】

1720‐97
清の乾隆期の文人画家。字は子凝,号は蓬心。江蘇省太倉の人。清朝体制派のひとり王原祁(おうげんき)の曾孫。王原祁の婁東(ろうとう)派の傘下で清朝画院の保守的,臨摹(りんも)的な山水画は婁東派の枯渇した画調の域を出ることなく,ついに独自の画風を打ち立てるに至らなかった。用筆は墨汁を重ね粗荒さが目立つが,晩年はさらに枯れ,画面の構成には遠大さが欠けていた。著に《絵林伐材》10巻がある。【遠藤 光一

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

王宸の関連キーワード京都府京都市東山区粟田口三条坊町京都府京都市右京区嵯峨大沢町鄒守益正徳帝王陽明

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android