コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王原祁 オウゲンキ

百科事典マイペディアの解説

王原祁【おうげんき】

中国,清初の画家。江蘇の人。四王呉【うん】の一人。字は茂京,号は麓台。王時敏の孫。書画譜館総裁をはじめ要職を歴任し,清朝翰林図画院南宗画を導入した。黄公望風の浅絳(せんごう)山水を得意とし,詩文にもすぐれ,〈芸林三絶〉と称された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おうげんき【王原祁 Wáng Yuán qí】

1642‐1715
中国,清代初期の文人画家。婁東(ろうとう)(江蘇省太倉)の人。字は茂京。号は麓台(ろくだい)。王時敏の孫。幼少より祖父や王鑑より南宗画(なんしゆうが)の伝統的山水画法を学び,清初の文人画風の典型をつくった。康熙9年(1670),29歳で進士及第。内廷供奉として内府所蔵の書画の鑑識にあたり,《佩文斎(はいぶんさい)書画譜》の編纂を主宰した。画論書《雨窗(うそう)漫筆》で竜脈,開合,起伏など山水画の造形理念を論ずる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王原祁
おうげんき

四王呉惲」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

王原祁
おうげんき
(1642―1715)

中国、清(しん)代初期の画家。清初の六大家、いわゆる四王呉(しおうごうん)の一人。同じ四王の一人王時敏(おうじびん)の孫で、四王中の最年少者。江蘇(こうそ)省太倉(たいそう)の人。字(あざな)は茂京(もきょう)、麓台(ろくだい)と号す。祖父に画学の指導を受け、黄公望の画風を学んだ。康煕(こうき)9年(1670)の進士で、知県より昇進して宮廷画家として活躍。また内廷所蔵書画の鑑定の任にあたり、のちに勅撰(ちょくせん)『佩文斎(はいぶんさい)書画譜』の編輯(へんしゅう)総裁の要職につき、全100巻を完成させた。詩文にも優れ、「芸林三絶」と称され、著書に『兩窓漫室(りょうそうまんしつ)』『麓台跋画録(ばつがろく)』各1巻などがある。王(おうき)の虞山(ぐざん)派に対し彼の一門を婁東(るいとう)派といい、清朝の中・後期山水画に大きな影響を及ぼした。[星山晋也]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の王原祁の言及

【四王呉惲】より

…中国,清代初期の正統派文人画家を代表する王時敏,王鑑,王翬(おうき),王原祁(おうげんき),呉歴,惲寿平の6人。清初六大家。…

【佩文斎書画譜】より

…中国,清の康熙帝勅撰の書画文献集成。主編者は孫岳頒だが実際の責任者は王原祁(おうげんき)。〈佩文〉は康熙帝の書斎名である。…

※「王原祁」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

王原祁の関連キーワード佩文斎書画譜8月18日輞川図巻陳逸舟四王王宸唐岱呉歴惲格王翬石濤

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android