コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王縉 おうしんWang Jin; Wang Chin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王縉
おうしん
Wang Jin; Wang Chin

[生]久視1(700)?
[没]建中2(781)
中国,唐の宰相。山西の人。字は夏卿。詩人王維の弟で,王維とともに文名が高かった。安史の乱のとき李光弼 (りこうひつ) に協力して活躍した。後,東都留守,河東節度使など多くの要職を歴任して宰相となったが,熱心な仏教徒で寺院建立に巨費を使うなど奢侈に流れ,この頃私腹を肥やしていた権臣元載の仲間であった。のちその罪に連座し左遷された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

王縉の関連キーワード山西

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android