コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李光弼 りこうひつ Li Guang-bi; Li Kuang-pi

2件 の用語解説(李光弼の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

李光弼
りこうひつ
Li Guang-bi; Li Kuang-pi

[生]景竜2(708)
[没]広徳2(764).7.5. 徐州
中国,唐中期の武将。営州柳城 (遼寧省朝陽県) の人。諡は武穆。契丹の後裔。騎射軍略にすぐれ,天宝 14 (755) 年安史の乱が起ると唐朝に重用され,河北各地で奮戦,上元1 (760) 年太尉兼中書令となり,郭子儀に代って朔方節度使となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

りこうひつ【李光弼 Lǐ Guǎng bì】

708‐764
中国,唐代の部将。営州柳城(遼寧省)の人で,契丹族出身。安史の乱に際し,郭子儀とともに官軍の中心として反乱軍に対した。その厳正な統率力は抜群で,とくに史思明ら40万の反乱軍が太原に迫ったとき,1万に満たぬ兵力で奇策により大破した戦功は特筆される。のち徐州に赴き,江淮の糧道確保に努めたが,彼を忌む神策軍司令官の宦官魚朝恩に害されることを恐れて入朝を拒否し,朝廷をあわてさせた。【愛宕 元】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李光弼の関連キーワード安禄山史思明遼寧省興京鉄嶺赫図阿拉沙河阜新遼西省遼東省

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone