コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

王若虚 おうじゃくきょWang Ruo-xu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

王若虚
おうじゃくきょ
Wang Ruo-xu

[生]大定14(1174)
[没]淳祐3(1243)
中国,金末の政治家,文学者。こう城 (河北省) の人。字,従之。号,慵夫,こ南遺老。承安年間の進士で官は翰林直学士にいたったが,金が滅ぶと隠遁した。当時の文壇領袖であり,文章には生活内容が反映すべきであるとして,模倣や字句雕琢を排斥した。主著『慵夫集』。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

王若虚の関連キーワード淳祐

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android