コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

比良山 ひらさん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

比良山
ひらさん

比良山地高峰群をさし,最高峰武奈ヶ岳 (1214m) をいう場合と,山地中央部の高峰,蓬莱山 (1174m) をさす場合がある。蓬莱山北方に比良岳 (1051m) もある。これらの山頂は比良山地の頂部平坦面に突出する残丘で,西側は花折断層を北流する安曇川の谷に急傾斜し,東側も琵琶湖に向って急傾斜する。近江八景の1つ「比良暮雪」に数えられた景勝地で,登山者が多い。琵琶湖国定公園に属する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ひら‐さん【比良山】

滋賀県中西部、琵琶湖西岸の山地。最高峰は武奈(ぶな)ヶ岳で標高1214メートル。狭義には南部にある蓬莱(ほうらい)山をさし、標高1174メートル。冬景色は「比良の暮雪」として近江八景の一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひらさん【比良山】

滋賀県中西部、琵琶湖西岸にある山地。武奈ヶ岳(海抜1214メートル)を主峰とし、打見山・蓬萊山などを含む。狭義には蓬萊山をいう。近江八景の「比良の暮雪」で知られる。ひらのやま。⦅歌枕⦆ 「花さそふ比良の山風吹きにけり/新古今 春下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

比良山の関連キーワード近江八景(美術)びわ湖バレイ滋賀・志賀高島[町]志賀[町]朽木[村]近江盆地比良八荒丹波山地丹波高地朽木渓谷塩見政誠松の花萩乃露蓬萊山炭焼き逢坂山袖反る明王院天井川

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

比良山の関連情報