コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

玻璃斑岩 はりはんがんvitrophyre

岩石学辞典の解説

玻璃斑岩

最初は斑状で石基ガラス質の組織を持つ岩石を指したが[Vogelsang : 1867, 1872],その後斑状の火山岩でガラス質であり流紋岩質の組成をもつ岩石と限定された[Rosenbusch : 1877].一般にガラスは微晶となるか脱ガラス化している.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

玻璃斑岩の関連キーワードヴィトロパティック玻璃斑岩質玄武岩斑状ガラス質

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android