コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珠皮 シュヒ

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐ひ【珠皮】

種子植物の胚珠(はいしゅ)の外側にあって珠心を包む組織。1層のものと内外2層からなるものとがあり、胚珠が種子になると種皮になる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

珠皮の関連キーワードマオウ(麻黄)ラフレシア裸子植物胎生種子種子植物球果植物被子植物合弁花内種皮外珠皮花粉室内珠皮外種皮渋皮穎果

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android