珠皮(読み)シュヒ

精選版 日本国語大辞典の解説

しゅ‐ひ【珠皮】

〘名〙 植物の胚珠の珠心をおおう組織。胚珠の外側にあり、一層または二層で、後者は内珠皮外珠皮と呼ぶ。胚珠が種子になると珠皮は種皮となる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

パッシングショット

テニスで、ネット際に進んできている相手のわきを抜く打球。パス。パッシング。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android