コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

珠心 シュシン

デジタル大辞泉の解説

しゅ‐しん【珠心】

種子植物の胚珠(はいしゅ)の中心にある組織。珠皮に包まれ、内部に胚嚢(はいのう)ができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅしん【珠心】

胚珠の中央にある柔組織。外側に一、二枚の珠皮があり、内に胚囊はいのうを作る。胚珠心。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

珠心の関連キーワードグレープフルーツ珠皮・珠被被子植物種子植物種無果実裸子植物柑橘類ミカン外胚乳花粉室配偶体内乳胚乳種子外乳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android