現を抜かす(読み)ウツツヲヌカス

大辞林 第三版の解説

うつつをぬかす【現を抜かす】

ある物事に過度に熱中する。ある事に心を奪われる。 「芝居見物に-・す」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うつつ【現】 を 抜(ぬ)かす

ある物事に心を奪われて、夢中になる。気をとられてうっとりとなる。
浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)三「只夢のやうになって、うつつをぬかしけるに」
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉二「鳴物などの芸事には子供の折からを脱かす質(たち)で」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android