コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うつとり うつとり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

うつとり

金工技法の名称。金属面に高肉の彫刻を施し,その上に金銀などの薄箔をかぶせ,文様の根にはめこんで固定する技法。技法の詳細は不明。刀の鐔 (つば) や小柄 (こづか) ,目貫, (こうがい) などに応用された。室町時代末期~安土桃山時代の作品に多く用いられ,江戸時代以降は少い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

うつとりの関連キーワードあんけら鹿の子気抜け

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android