コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現代の名工 げんだいのめいこう

知恵蔵miniの解説

現代の名工

「卓越した技能者表彰制度」において、厚生労働大臣が表彰する「卓越した技能者」の通称。同制度は、工業技術や伝統工芸など各分野で優れた技術や業績を持つ技能者の地位や技術水準の向上を図るために、1967年に創設された。都道府県知事や事業者団体などが推薦した候補者を技能者表彰審査委員が審査し、厚生労働大臣が表彰者を決定する。毎年秋に約150人(95年度までは毎年約100人)が選出され、表彰者には表彰状、卓越技能章(楯と徽章)、褒賞金10万円が贈られる。

(2013-11-8)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

現代の名工

1967年度から始まった国の表彰制度で、「卓越した技能者」とも呼ばれる。今年度は全国で160人が表彰され、50年間の累計では6千人を超える。今年度、県内で表彰されたのは4人だった。

(2016-12-21 朝日新聞 朝刊 長野東北信・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

現代の名工の関連キーワード小野寺鉄堂と2代目和吉横石臥牛(13代)田辺 一竹斎畠山 喜久男石田 源太郎道場六三郎盛 秀太郎与那嶺 貞小野 正吉佐藤 丑蔵山越 徳玄松田富士弥畠山喜久男石田源太郎陳 建民矢入一男粟田純司田崎真也与勇輝

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現代の名工の関連情報