現代世界憲章(読み)げんだいせかいけんしょう(英語表記)Constitutio pastoralis de ecclesia in mundo huius temporis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カトリック教会の文書。第2バチカン公会議 (1962~65) が採択した最重要文書の一つで,正式には「現代世界における教会に関する司牧的憲章」といい,冒頭のをとって「ガウディウム・エト・スペス」とも呼ばれる。現代世界のうちにあって,これと積極的なかかわりをもち,対話と協力のうちに人類の真の福祉と救いの実現に努めようとする決意を表明したもので,第2バチカン公会議の基調をなす改革的,開放的精神をよく表わしている。 1965年 12月7日採択,同日公布された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android