現在法(読み)ゲンザイホウ

  • げんざいほう ‥ハフ
  • げんざいほう〔ハフ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 修辞法の一つ。過去、未来の時制で表わすべきところに、現在を表わす動詞、動詞句を用いる。現写法。
※新美辞学(1902)〈島村抱月〉二「現在法とは現在に写し出だすの義なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

実効再生産数

感染症が流行している集団において、ある時点で、一人の感染者から二次感染する人数の平均値。再生産数が1を上回ると、一人の感染者が複数の人に感染させるため、流行は拡大し、1を下回ると、感染者数が減少し、流...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

現在法の関連情報