コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島村抱月 しまむらほうげつ

8件 の用語解説(島村抱月の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島村抱月
しまむらほうげつ

[生]明治4(1871).1.10. 島根
[没]1918.11.5. 東京
評論家,美学者,英文学者,新劇指導者。本名佐々山滝太郎。父母に早く死なれ,島村家の養子となり,苦学して 1894年東京専門学校 (現早稲田大学) 文学科を卒業。坪内逍遙に師事して卒業論文『審美的意識の性質を論ず』や『西鶴の理想』 (1895) を『早稲田文学』に発表,同誌を編集して才能をうたわれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しまむら‐ほうげつ〔‐ハウゲツ〕【島村抱月】

[1871~1918]評論家・小説家・新劇運動家。島根の生まれ。本名、滝太郎。坪内逍遥とともに文芸協会を設立、「早稲田文学」を主宰し、自然主義文学運動に活躍。のち、松井須磨子芸術座を組織し、西洋近代劇を紹介。著「新美辞学」「近代文芸之研究」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

島村抱月【しまむらほうげつ】

評論家,小説作家,新劇指導者。本名滝太郎。島根県生れ。東京専門学校(早稲田大学)文科卒。坪内逍遥に師事し,英・独に留学後,新劇団〈文芸協会〉幹事となる。また《早稲田文学》を復刊主宰し,自然主義文学理論を展開した。
→関連項目秋田雨雀小川未明中村星湖中山晋平復活正宗白鳥山村聡早稲田派早稲田文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島村抱月 しまむら-ほうげつ

1871-1918 明治-大正時代の劇作家,演出家。
明治4年1月10日生まれ。イギリス,ドイツに留学後,明治38年早大教授となる。「早稲田文学」を復刊し,自然主義文学理論を発表。坪内逍遥(しょうよう)の文芸協会創立にくわわる。大正2年女優松井須磨子(すまこ)と芸術座をつくり,新劇運動に専心した。大正7年11月5日死去。48歳。石見(いわみ)(島根県)出身。東京専門学校(現早大)卒。旧姓は佐々山。本名は滝太郎。著作に「近代文芸之研究」など。
【格言など】懐疑はいくら微細のものでもそれが真実であるかぎり貴い

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

島村抱月

没年:大正7.11.5(1918)
生年:明治4.1.10(1871.2.28)
明治大正期の評論家,美学者,新劇指導者。旧姓佐々山,本名滝太郎。石見国久佐村(島根県金城町)の生まれ。生家は没落したが,島村家の後押しで東京に遊学(のち同家の養子となる),東京専門学校(早大)文学科2回生として,坪内逍遥や大西祝の教えを受けた。明治27(1894)年に卒業,卒論『審美的意識の性質を論ず』は95点で,早速『早稲田文学』に掲載,同誌の編集にも従事して期待された。母校で教え,『新著月刊』『読売新聞』で活躍,小説も試みたが,明治35年から3年あまり,ロンドンベルリンで学び帰国。『早稲田文学』を復刊(第2次,1906年~),『囚はれたる文芸』(1906)で世紀末芸術に論及,『文芸上の自然主義』『自然主義の価値』(ともに1908年)で自然主義を論じた。評論集『近代文芸之研究』(1909)は,その時期の文業を収める。早大の授業は休みがちで,大学には「出講掲示」が出たという。教壇でぽつりと話すその姿は,広津和郎ら学生たちに強い印象を与えた。しかし,師逍遥との間で意見が対立,松井須磨子との恋愛もあり,大正2(1913)年教壇を去り芸術座を旗揚げ,イプセン,トルストイなど西欧近代劇の名作を各地で上演したが,なかでも『復活』の舞台は,特によく知られた。巡業と芸術活動の疲れは抱月の急死となるが,須磨子も2カ月後にあとを追って自殺した。悲劇的なその個性の実体は,さらに検討されてしかるべきだろう。<著作>『抱月全集』全8巻<参考文献>『座談会 島村抱月

(中島国彦)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しまむらほうげつ【島村抱月】

1871‐1918(明治4‐大正7)
評論家,新劇指導者。旧姓佐々山,本名滝太郎。島根県生れ。1894年早稲田大学の前身東京専門学校文学科卒業。坪内逍遥に文学を,大西祝(はじめ)に美学を学び,《早稲田文学》の記者,早大講師となり,緻密(ちみつ)重厚な美学的評論で高山樗牛(ちよぎゆう)と評論界に併称された。創作もしたが,1902年イギリスドイツに留学,帰国後早大教授となり,06年《早稲田文学》を再刊,主宰し,門下と自然主義論を展開,自然主義の美学的整理を遂げたが,観照主義に屈折した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しまむらほうげつ【島村抱月】

1871~1918) 文芸評論家・劇作家・演出家。島根県生まれ。本名、滝太郎。「早稲田文学」を復刊し、自然主義文学運動の指導者として活躍。また、文芸協会を創立。松井須磨子と芸術座を組織して新劇の民衆化に努めた。著「囚はれたる文芸」「新美辞学」「近代文芸之研究」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島村抱月
しまむらほうげつ
(1871―1918)

評論家、演出家、初期新劇運動の指導者。明治4年1月10日島根県に生まれる。旧姓佐々山、本名滝太郎。東京専門学校(早稲田(わせだ)大学の前身)文学科卒業。在学中、坪内逍遙(しょうよう)、大西祝(はじめ)の指導を受け、文学、美学に強くひかれた。のち母校の講師となり美辞学などを講じ、かたわら『読売新聞』の「月曜付録」を主宰、文壇に気を吐き評論家として認められた。1902年(明治35)イギリス、ドイツに留学。美学、心理学を学びながら、演劇、音楽に関心を寄せた。帰国後の1906年、師逍遙と文化革新運動をもくろんで文芸協会を設立、『早稲田文学』を復刊して、評論『囚(とら)はれたる文芸』を発表、さらに新興の自然主義文学を擁護する論陣を張り文壇に大きな影響を与え、近代文芸批評の確立者となった。のちしだいに真と美の統一を目ざす観照主義に傾いたが、評論集『近代文芸之研究』(1909)はその代表的論集。文芸協会は1909年演劇研究所を開設して、男女俳優の養成を始め、抱月は滞欧中の観劇体験をもとにイプセン作『人形の家』、ズーダーマン作『故郷』などの演出にあたり、近代劇路線を歩み、逍遙の穏健な国劇改良路線と対立した。また研究所出身の女優松井須磨子(すまこ)との恋愛問題も表面化し協会幹事を辞任。1913年(大正2)恩師と決別し、教職、家庭も捨て、須磨子と芸術座を結成、翌年トルストイ原作『復活』の大当りでしだいに通俗劇へ向かったが、一方で研究劇も上演して芸術と経済の「二元の道」の統一を図った。大正期の新劇の普及発展と職業化に大きく貢献したが、業なかばにして、大正7年11月5日流行性感冒から急逝した。2か月後、須磨子はその後を追って縊死(いし)した。[藤木宏幸]
『『抱月全集』全8巻(復刻版・1979・日本図書センター) ▽『明治文学全集43 島村抱月他集』(1967・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の島村抱月の言及

【芸術座】より

…劇団名。(1)第1次は,1913年(大正2)文芸協会を恋愛事件で除名された島村抱月松井須磨子が創立したもので,モスクワ芸術座の名称を借りたといわれる。須磨子の演目に中山晋平作曲の主題歌を挿入したのが人気を呼び,とくに《復活》(トルストイ原作)の〈カチューシャの歌〉が名高い。…

【新劇】より

…そして第1期生の卒業公演にも当たる《ハムレット》上演(1911)から解散の13年にいたるまで,文芸協会は活発な活動を行い,女優松井須磨子らを世に出した。逍遥はシェークスピア劇の移植と歌舞伎の改革を目ざし,また西欧近代を呼吸して帰国した弟子の島村抱月は,イプセンの《人形の家》など,逍遥以上に西欧近代劇の移入に熱心であった。 一方,歌舞伎俳優として初の渡欧体験を持ち,しかし帰国後の革新興行には失敗した2代目市川左団次と,1906年に〈新派〉を失望裡に離れた小山内薫は,共同して09年に自由劇場を創設,試演活動を開始した。…

【人形の家】より

…イプセンは晩年,この劇は女性解放ではなく人間描写の劇だと言った。日本での初演は1911年の島村抱月の訳・演出によるもので,松井須磨子のノーラが評判になった。【毛利 三弥】。…

【早稲田文学】より

…逍遥と森鷗外とのあいだでかわされたいわゆる〈没理想論争〉などをはじめ,〈文学〉に対する理解の未分化な時代に,〈明治文学の嚮導者〉として果たした役割は大きい。98年10月で第1次を終わるが,第2次は島村抱月を中心として1906年1月に始まり,自然主義文学運動の牙城として,その理論形成に貢献した。〈記実〉を旨とする第1次からの基本姿勢は,〈彙報〉を中心に引きつがれ,文学史料としての価値を高からしめている。…

※「島村抱月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

島村抱月の関連キーワード片上伸中沢臨川舞台協会評論家大井広介茨木憲江藤文夫坂西志保関如来虫明亜呂無

島村抱月の関連情報