コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

現金問屋 げんきんどんやcash wholesaler

2件 の用語解説(現金問屋の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

現金問屋
げんきんどんや
cash wholesaler

卸売商の一種。店舗に出向いて仕入れに来る小売商に対して,現金決済を前提に安値で商品を卸す問屋のこと。商品の配達も原則として行わず,買手の持帰り制とするものが多い。卸売商の販売部員が小売商に出向いて販売契約をし,配達すると同時に手形決済などをする場合に比べて,経営上の諸掛りが軽減,節約できるので,それだけ安く売ることができる。商品の種類によって適否があるが,衣類,雑貨,食品などが多い。原材料などではこういう方式が成立しにくい場合が多い。近年,物流の合理化や情報ネットワーク化の進展などにより,採算性が低い零細小売業が一般の卸売業との取引を停止され,現金問屋を利用するケースが増加しており,この要望にこたえる新タイプの現金問屋も出現している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

現金問屋の関連情報