球状パーライト(読み)きゅうじょうパーライト(英語表記)spheroidal(spherodized) pearlite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正しくは球状セメンタイト組織というべきであるが,標記呼称が普通になっている。通常の薄片状パーライトの組織成分であるセメンタイトが球状化した組織。普通のパーライト組織のを A1 点 (炭素鋼では 727℃) 直下温度で数時間保持すると得られる。硬いセメンタイトの量はあまり減らずに粒状化し,軟らかいフェライトが全体につながるので,硬さは全体として低下せず粘靭性を増す。実際の球状化処理法は数種あるが,高炭素鋼で刃先の欠けやすい薄肉工具,土木機械ブレード,かみそり刃,精密機械部品,軸受鋼などに応用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の球状パーライトの言及

【パーライト】より

…また,鋼を焼きならした場合にもフェライトあるいはセメンタイトとともにパーライトが得られる。層状のパーライトは靱性(じんせい)に乏しいが,A1変態点直下の温度に加熱すると,パーライト中のセメンタイトが球状化して球状パーライトとなり,靱性が得られる。鉄道のレール用鋼材の組織はおもにこのパーライトから成る。…

※「球状パーライト」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android