軸受鋼(読み)じくうけこう(英語表記)bearing steel

  • 軸受鋼 bearing steel

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボールベアリング,ころ,ボールレースなどに用いられる種で,もっぱら炭素 0.9~1.1%,クロム 0.9~1.6%の高炭素クロム鋼が用いられる。キルド鋼原料とし,十分な鍛造または圧延によりセメンタイトの粗大な網目組織を破砕したのち,加熱再結晶により結晶粒を微細化し,さらに球状化鈍したのち焼入れ,適宜低温で焼戻して使用する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ボールベアリングなどのころがり軸受やころを受ける内輪および外輪に使用される鋼。炭素量を1%程度含むほか,クロムを1%内外含む高炭素クロム鋼が,おもに使用される。使用上の要求から,鋼中に非金属介在物がほとんど含まれないことと,素地中に球状炭化物が相当量(7~8%)含まれることが要求される。また中心部は比較的低炭素量にし,表層を高炭素量にした浸炭処理を施した〈ころ軸受〉も使用されることがある。炭化物を球状化して機械加工し,その後球状化炭化物を残したまま焼入れ焼戻しをし,硬さをロックウェル硬さでC63程度以上に調質して使用する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ころがり軸受に用いる鋼で、約1%の炭素と0.9~1.6%のクロムを含有する。回転軸を支える軸受にはすべり軸受ところがり軸受とがあるが、後者はボールまたはころとレースの点または線接触の状態で非常に大きな荷重が接触部にかかる。これに耐えるため、きわめて硬いクロム・鉄炭化物粒子を、焼入れによって得られる非常に硬い素地(マルテンサイト)中に微細に分散させた軸受鋼が用いられる。

[須藤 一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android