コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

琵琶笛/口琴 ビヤボン

デジタル大辞泉の解説

びやぼん【××笛/口琴】

江戸末期に流行した玩具楽器。細長い鋼鉄をかんざしのように二股にし、その間に針のような鉄をつけたもの。根もとを口にくわえ、間の鉄を指ではじいて鳴らす。きやこん。くちびわ。びわぼん。→口琴(こうきん)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の琵琶笛/口琴の言及

【ビヤボン】より

…二またの足の一方に付いている爪を少しずつ手ではじくと〈ビヤボン〉と鳴るのでこの名がついた。琵琶笛とも呼んだ。1830年(天保1)刊の《嬉遊笑覧》に〈此笛を江戸の子供もてあそびたり。…

※「琵琶笛/口琴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

琵琶笛/口琴の関連キーワード後鳥羽天皇ビヤボン源博雅口琴

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android