コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

口琴 こうきん jew's harp

6件 の用語解説(口琴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

口琴
こうきん
jew's harp

世界に広く分布する竹製,木製または金属製の体鳴楽器。棒型または額型の枠に取付けられた舌や弦が,奏者の口腔を共鳴器として鳴らされる。リズム的奏法,旋律的奏法がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こう‐きん【口琴】

弾力のある薄片の一端を固定し、もう一方の端の振動を口腔内に共鳴させる楽器。金属や竹などさまざまな素材で作られ、世界中に分布する。ムックリ琵琶笛(びやぼん)など。ジューズハープ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

口琴【こうきん】

細長い弁を振動させ,口腔に共鳴させる楽器の総称。奏者は舌と喉頭を動かして口腔の形を変化させ,色々な倍音を増幅して多様な音高と音色を出す。金属製,竹製や木製など。
→関連項目ゲンゴンコムズチャングホムスムックリ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こうきん【口琴】

アジアやヨーロッパなど各地に分布する民俗楽器で,英語のジューズ・ハープJew’s harpの名で広く知られる(イラスト)。中国語では口琴儿(コウチール)。西アジア,ヨーロッパで用いられるものは鋼鉄製で,馬蹄形の枠の中央に舌がついており,これを歯に当てて口琴の舌を指ではじき,その振動を呼吸で調節しながら口腔に共鳴させる。東アジアあるいは東南アジアでは竹製のものが一般的で,アイヌムックリインドネシアゲンゴンなどはその代表的なもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こうきん【口琴】

竹・金属など弾力のある小薄片の一端を枠に固定し、他端を指で弾くなどして振動させ、口腔に共鳴させる楽器の総称。小形の原始的な楽器で、ほぼ世界中に分布。ジューズ-ハープ。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

口琴
こうきん
jew's harpjaw's trump英語
Maultrommelドイツ語
guimbardeフランス語

弾力のある薄片の一端を枠に固定させ、他端の振動を口腔(こうこう)で共鳴させるタイプの楽器の総称。英語名をジューズ・ハープというが、その由来は明らかではない。口琴の分布は広く、現存する地域だけでも東アジア、南アジア、東南アジア、メラネシア、ヨーロッパ、北アメリカなどを数える。地域によって、その形状、材質などさまざまであるが、構造上の特徴から以下のように分類できる。
 振動体としての薄片はすべて細長い板状もしくは棒状だが、その形には次の5種がある。(1)全体が同じ幅のもの、(2)先端に向かってしだいに細くなっていくもの、(3)段階的に細くなっていくもの、(4)中ほどで膨らんでいるもの、(5)先端が鉤(かぎ)状に曲がっているもの、である。枠は薄片の周囲を囲むものがほとんどで、薄板形、円筒形、馬蹄(ばてい)形などが多い。薄片と枠は、一つの原材から薄片を切り出した同一素材のものと、それぞれ異なる材料からつくってつなぎ合わせたものとに分けられる。用いられる材料は竹、硬木、鉄が多いが、まれに硬葉の中央脈や骨でつくられたものもある。
 薄片を振動させる方法は、直接手指で振動させるものと、間接的に振動させるものとに大別される。前者の方式には、薄片の先端を指ではじくもの(ヨーロッパのジューズ・ハープ)や、薄片の中ほどを手でたたくものがある。また、薄片の根元付近に紐(ひも)を取り付け、それを持ってたたくもの(メラネシアの口琴)もある。後者の方式には、薄片の反対側に設けた突起をはじき、その反動で薄片を振動させるもの(東南アジアの口琴)や、薄片の根元付近に取り付けた紐を引っ張ることによって薄片を振動させるもの(アイヌのムックリ、台湾高砂(たかさご)族の口琴)がある。
 薄片の振動によって発生する音量は小さく、音高や音色も一定である。音量に関しては、薄片の固定されていない一端を口腔の前に置き、薄片の振動を口腔内で共鳴させることによってある程度増大する。その際、薄片と枠のすきまはできるだけ狭いほうがよい。また呼吸法によって音に強弱の変化をつけることもできる。音高については、舌と喉頭(こうとう)をさまざまに動かしていくつかの特定の倍音を連続的に増幅させ、旋律すら生み出すことができる。また音色についても、口腔や唇の形を変化させることで多様な音響効果が得られる。
 用途としては、口琴の音の小ささや微妙さのため、奏者個人もしくは少人数の間で娯楽的に用いられたり、発話コミュニケーションのかわりとしての機能をもつことが多い。またインドと東南アジアでは他の楽器音や声の補強や模倣に使われ、ヨーロッパでは舞踊の伴奏音楽を提供することもある。[山田陽一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の口琴の言及

【オセアニア】より

…後者の形態をアジア的なものと見なすことも可能で,他の楽器についてもフィリピン経由でオセアニアに入ってきたと思われるものがある。口琴がその例で,カロリン諸島各地での薄い竹板製のものは明らかに東南アジア起源であり,メラネシアの竹筒口琴やポリネシアの木製口琴とは系統が異なる。笛の類は,口で吹くもの,鼻で吹くもの(ノーズ・フルート)いずれもオセアニア全域に分布している。…

【フィリピン】より

…ゴングを横にねかせて枠の上に並べたクリンタンkulintangを中心とするアンサンブルは,5音音階とコロトミック(コロトミーcolotomy音楽的句読法)な規則正しい時間分割を最大の特徴としている。フィリピンの代表的な楽器としては,このほかに口琴(竹製のクビン,金属製のオンナ),舟形撥弦のクジャピ(カチャピ),ノーズ・フルート,割れ目太鼓,搗奏竹筒,鉢巻式歌口の笛などがある。声楽は北部の自由リズムとファルセット多用の合唱や語り的独唱,南部のイスラム教徒による装飾音の多い歌唱などに特徴がある。…

※「口琴」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

口琴の関連キーワード農耕儀礼ハムスター南ヨーロッパ綾踊り山鶉ヨーロッパトルコヨーロッパロシアフサスグリヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

口琴の関連情報