コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑞宝小綬章 ずいほうしょうじゅしょう

勲章・褒章がわかる事典の解説

ずいほうしょうじゅしょう【瑞宝小綬章】

日本の勲章の一つで、瑞宝章6つのなかで4番目に位置する。2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」により、それまでの勲四等瑞宝章から名称が変更された。翌2003年5月の閣議決定「勲章の授与基準」によれば、公共的な職務の複雑度、困難度、責任の程度などを評価し、重要と認められる職務をはたし成績をあげた人に対して、瑞宝小綬章以上を授与するとなっている。一般行政事務での瑞宝小綬章の対象者は本府省の課長を務めた人で、そのほかでは郵便局長や警察署長、税務署長、公立高校長などに多い。伝達は所管大臣が行うが、総務省関係は都道府県知事が行う。◇英訳名はThe Order of the Sacred Treasure, Gold Rays with Rosette。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

瑞宝小綬章の関連キーワードハーシェム ラジャブザーデ瑞宝中綬章三宅義信小池千枝勲等

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑞宝小綬章の関連情報