瑞宝章(読み)ずいほうしょう

デジタル大辞泉の解説

ずいほう‐しょう〔‐シヤウ〕【×瑞宝章】

社会・公共のために功労がある者に授与される勲章。明治21年(1888)制定。瑞宝大綬章(ずいほうだいじゅしょう)、瑞宝重光章(ずいほうじゅうこうしょう)、瑞宝中綬章(ずいほうちゅうじゅしょう)、瑞宝小綬章(ずいほうしょうじゅしょう)、瑞宝双光章(ずいほうそうこうしょう)、瑞宝単光章(ずいほうたんこうしょう)の6等級がある。制定時は勲一等から勲八等までの8等級があったが、平成15年(2003)より現行の等級に改訂。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

瑞宝章【ずいほうしょう】

勲章の一種。多年の功労が認められた者に授与される。1888年制定。当初は男子のみに限られていたが,1919年から女子にも授与された。勲一等から勲八等の8階級に分かれる。→栄典制度
→関連項目五十嵐喜芳

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ずいほうしょう【瑞宝章】

勲章の一。公共的な業務に多年尽くしたと認められる功労者に与えられる。瑞宝大綬章・瑞宝重光章・瑞宝中綬章・瑞宝小綬章・瑞宝双光章・瑞宝単光章の六種がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

勲章・褒章がわかる事典の解説

ずいほうしょう【瑞宝章】

日本の勲章の一種。1888年(明治21)に「勲章増設ノ詔」が発せられ、宝冠章(ほうかんしょう)とともに制定された。1875年に日本初の勲章として男性対象の旭日章(きょくじつしょう)が制定されていたが、諸外国に比べ勲章の種類が少ないことが不都合となり、新たに女性を対象とする宝冠章と、同じ等級のなかでは旭日章、宝冠章よりランクが下の瑞宝章が加えられた。瑞宝章は「国家又ハ公共ニ対シ積年ノ功労アル者」に授与する、つまり「長年にわたる公務」を対象とした。勲一等から勲八等の8等級で構成され、初めは男性のみを対象としたが、1919年(大正8)から男女共通となった。第二次世界大戦後の生存者叙勲の一時停止をのぞき、同じ性格で続いてきたが、2002年(平成14)8月の閣議決定「栄典制度の改革について」により、等級は6つに整理され、勲一等などの数字は廃止された。同時に、旭日章と瑞宝章を同格にして男女共通とし、2つの章の違いを、功績の内容に着目する旭日章と、功労の積み重ねに着目する瑞宝章におくことを明確にした。それに合わせて、それまでの名称は勲一等瑞宝章というように、勲等のみがつくものだったが、旭日章にあわせて6段階の名称を、瑞宝大綬章瑞宝重光章瑞宝中綬章瑞宝小綬章瑞宝双光章瑞宝単光章とした。対象者は公共的な業務(一般行政事務、教育や研究、社会福祉、医療、保護司や民生委員、危険性の高い業務など)に長年従事した人であるが、形式的な職務歴で等しく授与されるものではなく、他の模範となる成績をあげた人が対象となる。瑞宝章の意匠(いしょう)はそれぞれで多少異なるが基本的には同じで、章の中央に配された鏡のモチーフ(八稜鏡(はちりょうきょう))を16の連珠がめぐり、そこから四方または八方に光線が伸びており、伊勢神宮の神宝をかたどったものといわれる。

出典 講談社勲章・褒章がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ずいほう‐しょう ‥シャウ【瑞宝章】

〘名〙 勲章の一つ。公務等に長年従事し、功労のある者に対して授与される。瑞宝大綬章、瑞宝重光章、瑞宝中綬章、瑞宝小綬章、瑞宝双光章、瑞宝単光章の区分があり、伊勢神宮の宝鏡を形どり、その周囲に光線を配する。綬(じゅ)は白地に黄色。明治二一年(一八八八)官吏や軍人などの多年功労者に授与するために制定され、大正八年(一九一九)からは女性にも授与されるようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の瑞宝章の言及

【位階勲等】より

…それが明治維新時に二十階,1889年に一位から八位までそれぞれ正従に分かれて十六階と定められ,1926年の位階令に受けつがれていく。勲章は1875年の旭日章を皮切りに,翌年の〈勲等勲章〉に基づいて大勲位菊花章,宝冠章(婦人のみが対象となった),瑞宝章と定められた。位階は皇族以外の日本人に授与された。…

【勲章】より

…(1)宝冠(ほうかん)章(勲一等~勲五等,のち勲六等~勲八等追加。勲労ある婦人に授与),(2)勲一等旭日桐花大綬章(旭日大綬章の上位とする),(3)瑞宝(ずいほう)章(勲一等~勲八等,1919年から婦人にも授与),(4)大勲位菊花章頸飾(大勲位の者に特別に賜う)である。 これにつづいて,きわめて注目すべき勲章が制定された。…

※「瑞宝章」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

瑞宝章の関連情報