コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瑤民の乱 ようみんのらんYao-min

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瑤民の乱
ようみんのらん
Yao-min

中国,清代の少数民族反乱。瑤民は中国の南西部に住むミヤオ (苗) 族の一支族で,中華人民共和国成立以前ではよう族とも記される。清朝改土帰流政策にも山岳地帯に住む瑤民は従わず,漢人は瑤民の無知をよいことに彼らを欺き,官吏も瑤民の訴えを無視した。そのため道光朝の初めに巫鬼で衆望を集めていた湖南省永州の趙金龍と常寧の趙福才が道光 11 (1831) 年に反乱を起し,彼らを虐待していた天地会の会党地方官を襲撃,これに呼応して広西省賀県で盤均華が,広東省北西辺で趙仔青の軍も反乱した。清朝は総督の盧坤,提督羅思挙らに命じて同 12年4月にこれを討伐,残存勢力も同年中に平定された。清朝は瑤民に対して懐柔政策を続けたが,こののちも小規模な反乱はしばしば繰返された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android