コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環天頂アーク カンテンチョウアーク

デジタル大辞泉の解説

かんてんちょう‐アーク〔クワンテンチヤウ‐〕【環天頂アーク】

太陽の上に虹のような帯が見える現象。幻日と同じく上空の大気中の氷晶が太陽光を屈折することで生じる。出現高度は太陽高度によって変化し、太陽高度が約22度のときは約46度上方に現れ、太陽高度がこれより高くても低くても出現高度は天頂側に移動する。また、太陽から見て天頂を越えた位置には現れないため、太陽高度が約32度以下でないと見られない。環天頂弧天頂環天頂弧逆さ虹。→環水平アーク

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

環天頂アークの関連情報