コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環天頂アーク カンテンチョウアーク

1件 の用語解説(環天頂アークの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんてんちょう‐アーク〔クワンテンチヤウ‐〕【環天頂アーク】

太陽の上に虹のような帯が見える現象。幻日と同じく上空の大気中の氷晶太陽光を屈折することで生じる。出現高度は太陽高度によって変化し、太陽高度が約22度のときは約46度上方に現れ、太陽高度がこれより高くても低くても出現高度は天頂側に移動する。また、太陽から見て天頂を越えた位置には現れないため、太陽高度が約32度以下でないと見られない。環天頂弧。天頂環。天頂弧。逆さ虹。→環水平アーク

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

環天頂アークの関連キーワード金環食幻日ダイヤモンドリング虹の松原ハロ幕電山が見える部分日食環水平アーク金星太陽面通過

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環天頂アークの関連情報