コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

環天頂アーク カンテンチョウアーク

1件 の用語解説(環天頂アークの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かんてんちょう‐アーク〔クワンテンチヤウ‐〕【環天頂アーク】

太陽の上に虹のような帯が見える現象。幻日と同じく上空の大気中の氷晶太陽光を屈折することで生じる。出現高度は太陽高度によって変化し、太陽高度が約22度のときは約46度上方に現れ、太陽高度がこれより高くても低くても出現高度は天頂側に移動する。また、太陽から見て天頂を越えた位置には現れないため、太陽高度が約32度以下でないと見られない。環天頂弧。天頂環。天頂弧。逆さ虹。→環水平アーク

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

環天頂アークの関連情報