幻日(読み)げんじつ(英語表記)parhelion; mock sun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幻日
げんじつ
parhelion; mock sun

上層の雲があるとき,太陽両側に見られる明るい光の塊。色は白色で,ときには色のついていることもある。地平線上での角度は太陽から 22°離れている。太陽高度の低いときに現れ,太陽高度が 61°以上では現れない。大気中の氷晶により,太陽光線が屈折してできる現象。(→幻月

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

げん‐じつ【幻日】

太陽の両側に1個ずつ見える太陽のような像。雲の氷晶が光を屈折させてできる暈(かさ)の一種で、太陽が高くなるにつれて太陽の本像から離れていく。→幻月

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

幻日【げんじつ】

白色または赤みがかった薄い色で太陽に似て見える輝いた点。氷晶からなる薄い雲が太陽光を反射・屈折して起こり,(かさ)と同様な気象光学的現象。太陽と同じ高度で太陽の両側に現れ,太陽からの視距離は22°〜32°。普通1対であるが,もっと多く現れることもある。月の場合を幻月という。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

げんじつ【幻日】

太陽の左右にできる二つの光点。氷晶による光の屈折で起こる暈かさの一種で、一見すると別の太陽のように見える。 → 幻月

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻日
げんじつ

太陽と同じ高度で、太陽から約22度離れたところに現れる多少赤みがかった光の玉。外側に尾を引いているのが見られる。これは上空に浮かぶ氷晶(巻層雲)によって太陽光(または月光)が反射されてできるもので、内暈(うちかさ)といっしょに現れる。太陽が水平線近くにあるときには内暈とほぼくっついているが、太陽が高くなるにつれて離れ、30度になると内暈から約3度外側へ離れる。太陽と同じ高さに水平な白い光の輪ができることがある。これは幻日円というが、幻日はこの円の上に現れる。幻日円上で太陽から120度離れた方向に幻日が現れることがある。これを「120度幻日」という。太陽の反対側すなわち180度離れた方向に現れることもまれにある。これは「反対幻日」という。[大田正次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

げん‐じつ【幻日】

〘名〙 巻層雲などが空にかかっているとき、太陽の両側視距離約二二度の点に現われる薄明色の太陽に似た光像。雲を構成する氷晶が太陽の光を反射屈折させて起こる暈(かさ)の一種。→幻月

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の幻日の言及

【暈】より

… 太陽でできるのを〈日の暈〉,月でできるのを〈月の暈〉と呼んでいる。暈の現象はいろいろな現れ方をするが,出現する頻度の最も多いのは〈内暈〉で,次に〈幻日(げんじつ)mock suns〉〈上端接弧〉〈天頂弧circumzenithal arc〉〈太陽柱(光柱)sun pillar〉〈外暈〉〈幻日環parhelic circle〉の順である。東京の長年の観測結果では,1年間に日の暈の見えた回数は平均約57回になっているから,そんなに珍しい現象ではない。…

※「幻日」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幻日の関連情報