コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓊州 けいしゅうQióng zhōu

1件 の用語解説(瓊州の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けいしゅう【瓊州 Qióng zhōu】

中国,海南省北東部,南渡江の下流部にある町。漢代初期に珠崖郡がおかれ,唐代には舎城県の一部を分離して瓊山県がおかれた。明・清代には瓊州府の治所であった。周囲の農村では米,サトウキビサイザルアサパイナップルレイシ,かんきつ類の生産が盛んで,これらの農産物の集散地として,省都の海口を通じて島外に積み出す。北東の郊外には宋の蘇軾(そしよく)が王安石のために流されて住んだあとに廟が建てられている。明代の学者で《大学衍義補》の著者で知られる丘濬(きゆうしゆん)(1420‐95)の生地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の瓊州の言及

【海南島】より

…中国最南端,広東省の雷州半島の南,幅20kmの瓊州(けいしゆう)海峡を隔てて南シナ海に浮かぶ中国第2の島。瓊崖ともいう。…

※「瓊州」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone