瓜姫物語(読み)うりひめものがたり

世界大百科事典 第2版の解説

うりひめものがたり【瓜姫物語】

室町時代の物語。作者未詳。1巻。大和国石上(いそのかみ)に住む老夫婦が子を授かる夢告をうける。美しい瓜が〈光るほどの姫君〉に変じ,長じて国の守護代との婚儀がととのうが,〈あまのさぐめ〉が姫を誘拐,木の上に縛り上げ,自分が姫になりすます。婚礼行列が木の下を通ると,〈ふるちごをへとるべき手車にあまのさぐこそ乗りて行きけれ〉という美しい歌声が聞こえ,にせの姫の正体を明かす。姫君は助けられ,あまのさぐめは引き裂かれ大和国宇陀野辺に捨てられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android