危難(読み)きなん

精選版 日本国語大辞典「危難」の解説

き‐なん【危難】

〘名〙 生命にかかわるようなあぶないこと。わざわい。難儀。災難
※貞享版沙石集(1283)二「病苦をたすけ危難をのぞき」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「危難」の解説

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「危難」の解説

【危難】きなん

危ういめにあう。〔戦国策、趙一〕に背いて、にしてすべからざるの事を爲す。其の勢ひ見るべきなり。

字通「危」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android