コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

瓢箪苔 ヒョウタンゴケ

デジタル大辞泉の解説

ひょうたん‐ごけ〔ヘウタン‐〕【×××苔】

ヒョウタンゴケ科のコケ。全体に淡緑色で、湿地に群生する。高さ約1センチ。小さい葉がつく。茎の先から細い柄を出し、ひょうたん形の胞子嚢(ほうしのう)をつけ、熟すと褐色になる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

瓢箪苔 (ヒョウタンゴケ)

学名:Funaria hygrometrica
植物。ヒョウタンゴケ科のコケ

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android