甕襲(読み)みかそ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甕襲 みかそ

「日本書紀」にみえる農民
垂仁(すいにん)天皇のころの丹波桑田村(京都府)の人。飼っていた足往(あゆき)という犬が山獣の牟士那(むじな)をくい殺したところ,その腹から八尺瓊(やさかに)の勾玉(まがたま)がでたので朝廷献上。玉は石上(いそのかみ)神宮にあるという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android