甘山寺石造阿弥陀像(読み)かんざんじせきぞうあみだぞう(英語表記)Kamsan-sa sokcho amit'a-sang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甘山寺石造阿弥陀像
かんざんじせきぞうあみだぞう
Kamsan-sa sokcho amit'a-sang

韓国,慶州吐含山麓にある甘山寺址の石仏で,現在ソウルの国立中央博物館蔵。8世紀初頭を代表する新羅彫刻で,光背から台座まで一石の花崗岩で造られ,半肉彫状の像は通肩のグプタ式着衣 (→グプタ美術 ) を着け,衣文が丸紐状の平行線で表わされているのが特徴。光背裏面の造像銘から,唐の開元7 (719) 年,新羅の貴族金志誠が父母の供養に甘山寺を建て,造像したことが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android