コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘山寺石造阿弥陀像 かんざんじせきぞうあみだぞうKamsan-sa sokcho amit'a-sang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甘山寺石造阿弥陀像
かんざんじせきぞうあみだぞう
Kamsan-sa sokcho amit'a-sang

韓国,慶州吐含山麓にある甘山寺址の石仏で,現在ソウルの国立中央博物館蔵。8世紀初頭を代表する新羅彫刻で,光背から台座まで一石の花崗岩で造られ,半肉彫状の像は通肩のグプタ式着衣 (→グプタ美術 ) を着け,衣文が丸紐状の平行線で表わされているのが特徴。光背裏面の造像銘から,唐の開元7 (719) 年,新羅の貴族金志誠が父母の供養に甘山寺を建て,造像したことが知られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android