コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘泉宮 カンセンキュウ

世界大百科事典 第2版の解説

かんせんきゅう【甘泉宮 Gān quán gōng】

中国,秦の始皇帝が前220年に首都咸陽(かんよう)の北西の甘泉山(陝西省淳化県)に築いた離宮の林光宮に始まる。漢の武帝が建元年間(前140‐前135)に高光宮,迎風館,通天台などを増築し,周囲19里(約7.7km),12宮,11台などを甘泉宮と総称した。別に山谷に沿って雲陽に至る周囲540里(約219km)の甘泉苑を設け,仙人,石闕(せきけつ),封巒(ほうらん),鳷鵲(しじやく)諸観など宮殿台閣100ヵ所以上があった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんせんきゅう【甘泉宮】

中国、秦代、咸陽の北西、甘泉山に造られた離宮。のち漢の武帝が増築。揚雄の「甘泉賦」で有名。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

甘泉宮の関連キーワード揚雄

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android