コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甘酒祭(り) アマザケマツリ

デジタル大辞泉の解説

あまざけ‐まつり【甘酒祭(り)】

甘酒をつくって神に供え、また客にふるまうことを特色とするり。各地秋祭りに多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の甘酒祭(り)の言及

【甘酒】より

…神社の場合には当番がきまっており,神前に供えたのちに参拝者たちに分与した。その印象が強かったので,祭りの呼名を〈甘酒祭〉とするところは各地にある。酒税法が施行されてからは,国税庁の許可を得たところだけが濁り酒をつくり,そのほかは甘酒を用いている。…

※「甘酒祭(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甘酒祭(り)の関連キーワード濁酒祭り・濁酒祭狭山(市)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android