生きた化石(読み)イキタカセキ

デジタル大辞泉「生きた化石」の解説

いきた‐かせき〔‐クワセキ〕【生きた化石】

現在でもほとんど姿形を変えずに生き続け、化石としても発見されている生物のこと。植物のメタセコイアイチョウ動物シーラカンスカブトガニカモノハシなど。生きている化石
1から転じて》俗に、時代遅れの人のこと。多く、あざけりの気持ちをこめていう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

株を守りて兎を待つ

たまたまうまくいったことに味をしめて、同じようにしてもう一度、成功しようとするたとえ。また、古くからの習慣にこだわって、時代に合わせることを知らぬたとえ。[使用例] 羹あつものに懲こりて膾なますを吹く...

株を守りて兎を待つの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android